Skip to content

『メトロイドプライム3 コラプション』

シリーズとしては初めてサムスと同業者やクライアントとの交流がストーリー中積極的に触れられており、探索形式も次に何をやればいいかという指示がちゃんと出ることが多く、「ストーリー性」が非常に強いです。

その為メトロイドらしく感じない雰囲気も多いですが、SF作品としての世界観の完成度は高く、本筋とは本来関係しない碑文やデータログ中のストーリーなど「FPA(一人称アドベンチャーゲーム)」に恥じない世界観の構成です。

むしろレバー操作などの追加や依頼内容に合わせて実現を目指すという点は、やっていて「任務のため探索している」という雰囲気を今までよりも強く感じれるようになりました。

今までのプライムシリーズのコントローラ操作から、Wiiリモコンでのポインタで照準合わるなどガン・コントローラに近い操作システムになったので最初はかなり戸惑いを覚えるでしょうが、馴れるとむしろ今までの作品よりも快適にプレイできます。

これは賛否両論あるでしょうが、ビームの種類変更がなくなりバイザー変更の場面が減ったなど操作が簡略化された為ある程度馴れると比較的快適にできます。

これにより可能となった敵をロックしながらの視点移動やそれによる敵やその弾の迎撃なども熱いです(照準が狂わないよう平常心を保てるよう馴れなくてはいけないですが)。

これはあまりゲームに馴れてない層でも親しみやすそうです(よく「コントローラの方が楽」、「マウスとキーボードでやりたい」とありますが、これは馴れてない層にとっては多大な負荷です。そうでなければ「タイピングソフト」は存在していません)

Published in未分類